食育授業・活動について

小学校・中学校での食育推進

弊社会長が中学校で食育講話食育基本法では、「食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている」としています。知育・体育・才育の全ての根本は「食育」にあると考え、私達は「食育」とは生きる力であり、食べる事の意味を教える事までです。社長が自らが中学校にて食育・衛生講話や調理実習私たちが受託させて頂いてる学校給食は成長期にある、児童・生徒の健康増進・体位向上を図ることはもちろんですが、正しい食事のあり方や望ましい食生活を身につけ、良好な人間関係を育てたり、食材の生産や消費に対する理解を深めるなど多様な教育目的を持っております。だからこそ、学校給食は食の「安全」「安心」「安定」の確保を留意し、食環境が簡便傾向にあると言われる今日こそ自らの健康管理を出来るようにする大きな役割があります。学校栄養教諭・学校栄養職員の思いを形にして、本物の味を伝える事は私達の責務と考えております。
弊社では、調理する側だからこそ出来る役割を意識して食育に携わっていくよう会社の方針としています。子どもたちとの限られた接点の中でも日々提供する給食喫食状況見させていただき、子どもたちへの声かけを実施することで「食への興味を持ってもらえる」よう心がけております。現場ではチーフたちや栄養士資格の若手社員が学校の「食育授業」にゲストティーチャーとして話をさせていただいております。また中学校での職場体験として自分の学校の給食室で当社の調理スタッフの指導のもと給食調理体験や当社研修室で調理指導員のもと調理体験実習などの協力をさせていただいております。

保育園での食育推進

また学校長のご依頼を受け、会長が自ら中学校の講堂で食育講和をさせていただいたり、社長が中学校からの要望にお応えし、学校に訪問させていただき中学生の皆さんに衛生の基本の話や調理実習の指導補助、など食育の大切さを話をさせていただいております。その他にも栄養士がPTA向けの「栄養や食に関わる」授業にも講師として参加しております。現場に任せるだけでなく会社全体で「食育推進」に力をいれております。
 
部長が保育園で授業保育園給食を通して、子どもたちは楽しくのびのびと、心のふれあいと、心の豊かさを感じていただきたいと思います。
これからの保育園給食に望まれることは、こどもたちの五感を育み、将来を通じての「健康づくりのための食事」として、心ふれあう楽しい食事をするための食育であると考えます。保育園給食において、ひとりひとりの子どもを見つめて全職員と一緒に成長して、元気いっぱいの子どもに育って欲しいと思います。 

「食育授業」への協力

弊社では積極的に「食育」に関わるべく、小学校・保育園での講演を行い、ご好評いただいております!学校での「食育推進」に講師を派遣しています。様々プログラムをご用意します。1授業45分を基本に、各学校のご要望に合わせてアレンジすることもできます。ぜひご利用ください。
★出張授業の回数には限りがございます。ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。 詳しくはエリア担当まで 講師の派遣については「衛生部 部長 横山」まで


アレルギー対応食【調理実演2015】F-SYS
現場の栄養教諭や調理員による、アレルギー対応食の調理実演を連日開催!

米粉を使った親子料理教室を開催

親子クッキング教室や食育セミナー等、子どもたちへの食育活動に取り組んでいます。料理する楽しさを伝えることで生きる力を、おいしい食事で豊かな心を育みます。また、食を通じて社会とのつながりを実感してもらうためのイベントも開催しています。
本社地下厨房で子どもたちに料理を体験することで五感を育ていきたいと考えています。

米粉使った調理研修

米を粉末にした食材「米粉」は、製粉技術革新によって用途が大幅に拡大したことをきっかけに、①高い健康効果②調理性の向上などの特長を持っていることなどから、非常に注目を集めている。一方で、農林省が消費拡大に最も力を入れている戦略作物が米粉であり、H21年度より消費拡大の推進母体として「米粉倶楽部」を立ち上げ、賛同する企業を着実に増やしながら運動を展開していることから③「米粉倶楽部」と連動した消費拡大展開が期待できるところである。
上記
①高い健康効果
②調理性の向上
③「米粉倶楽部」
との連動などの特長から、企業として米粉に取り組む意義は大きいと考えられ、その具体的対策として「学校給食・保育園給食」への導入が考えられる。「学校給食」への導入は米粉パンなどの既製品導入、新しいレシピ採用による原料としての米粉導入の大きく2つが考えられ、期間限定メニュー/レギュラーメニューとしての導入など、導入先の現状と目的、コストに合わせた調整が可能である。米粉メニューの特長を活かすことで、例えば①低カロリー・低脂肪メニュー②アレルギーフリーメニュー、③手軽な玄米などを社内で訴求するが可能である。また、米粉製品の導入に伴って、ポスターPОPなど広報ツールを活用して社内でのコミュニケーションを活発化すること、取り組みを農水省「FOOD ACTION NIPPON」公式HPや公式twitter等の媒体で取り上げることを想定している。 これら施策のメリットとして、社員の健康増進や社内コミュニケーション活性化や社内マーケティング効果に加え、通常の宣伝活動とは別の切り口でのCSRとしての社外への発信などが期待できる。また、以上の施策に対して、非常に限定的なリスク、コストで取り組むこともメリットとして挙げられる

1.「米粉」の持つ特長

製粉技術革新によって用途が大幅に拡大した「米粉」は、米本来の栄養素に加え、粉末化したことによる
機能性・調理性を持っており、国を挙げての消費拡大策が進められている。

①米粉の特長
健康効果(低脂肪/低カロリー)
②米粉の特長
健康効果(栄養分の高い吸収率)
③米粉の特長 
健康効果(高いアミノ酸バランス)
④米粉の特長
調理性の向上
揚げ物調理の作業性向上、食感も変化
ホワイトソースの作成容易、バター使用量も低減
⑤米粉の特長
国による消費拡大策

・農水省が最も生産・消費拡大に力を入れる「戦略品目」
・H21年度に「米粉倶楽部」が発足、賛同企業が結集
・米を粉末粉末にした食材
・近年の製粉技術革新によって、用途が大幅に拡大

①米粉の特長: 高い健康効果(低脂肪/低カロリー)

米を粉末にした食材である「米粉」は、小麦粉と比較すると吸油率が約1/2と低い為、生活者の関心が非常に高い低脂肪・低カロリーのメニューを手軽に実現できる。

②米粉の特長: 高い健康効果(栄養分の吸収率)

米粉は、米粒で食べる場合と比較すると、米本来の栄養分を効率よく摂取することが出来ることから、 効率のよい栄養摂取が可能である。
※記載のデータでは水溶性画分への全糖量の溶出量でモニタリング。同報告において、水不溶性(油溶性)画分についても、

③米粉の特長: 高い健康効果(高いアミノ酸バランス)

「米粉」は、小麦粉と比較してもアミノ酸スコアが高いことから、良質なタンパク質を多く含んでいて必須アミノ酸を効率よく摂取することができ、美容などに対しても効果が期待できる。
図表  

④米粉の特長: 調理性の向上(あくまでも一例)

天ぷら・かき揚げなどの揚げ物やホワイトソースなどの米粉で作ることにより、調理の作業性向上や食感の改善などの特長が得られる。

ドーナツ

吸油率の低さによるさっぱりした後味米粉と液体を混ぜるとダマができずにしっかりなじむ。 生地のまとまりがよくて成形しやすい。 ベンチタイムをとり、低温で揚げる事により、 モチモチのドーナッツが出来ました。洗浄作業も汚れが落ちやすく、低コスト・低カロリー

ホワイトソース

ダマにならず、簡単にホワイトソースが手作り可能 米粉の量を調整するだけで簡単にとろみ調整 バターの使用量が1/2~1/3 低カロリー・低コスト・アレルギーにも対応できる。

ハンバーグ

パン粉や卵、牛乳のアレルギー除去をしなくても、米粉を使用することによって今回豆腐入りのハンバーグでしたが、簡単に除去食を作ることができる。おいしく仕上がりました。

マドレーヌ

米粉、無塩バター、砂糖を同量使い作ります。混ぜる際に、ダマが出来ずにしっかりなじみました。仕上がりもしっとりとしておいしく出来ました。時間が経っても同じ食感でした。

かぼちゃのマフィン

かぼちゃをスチームコンベクションで蒸し、米粉と合わせ、卵、牛乳、砂糖を混ぜ、アーモンド粉を入れて混ぜましたが綺麗に混ざりました。仕上がりもしっとりとしておいしく出来ました。時間が経っても同じ食感でした。

バナナケーキ

液体と粉を混ぜる際に、ダマができずにしっかりなじむ。 食べて粉っぽくなく綺麗に仕上がりました。

抹茶蒸しパン

液体と粉を混ぜる際に、ダマができずにしっかりなじむ。仕上がりもしっとりとしておいしく出来ました。時間が経っても同じ食感でした。

ポイント:ベーキングパウダーと米粉はよく振るっておくこと。

まとめ

・米粉は、粉をふるわなくてもダマにならない。(作業軽減)
・ボールに付いた米粉は、さらっと洗い流すことが出来る。(作業軽減)
・モチモチした食感を楽しめて、ケーキはしっとりおいしく仕上がる。
・アレルギー除去に利用出来て全児童に同じ食材として使用できる。(アレルギー対応)
・米粉パンは小麦粉パンと比べてどんな違いは、 大きく変わってくるのは、食感。小麦粉パンに比べて水分含有量が多い米粉パンは、 外側はパリッとしていて、内側はしっとりなめらかです。 また、軽く焼き直したり温めることで、さらにもちっとした食感を楽しむことができます。