調理師免許取得制度について

 当社では、調理師試験取得をサポートしております。

弊社では、調理師試験取得をサポートしております。これは調理員個々の調理技術向上、衛生知識向上による職場のレベルアップを目指しているからです。調理師の資格は個人資格で一生ものの資格です!調理師取得したのちは、家庭状況や就業環境が揃った時には、パートからの社員へのステップを目指すことできます。またその支援も実施しています。また自分自身のステップアップのために栄養士資格の新卒社員や中途社員も多く方が取得しています。(調理師の資格を受けるには、保育園福祉給食で2年、学校給食で実務経験2年半を必要とします。) 資格取得が可能の半年前から下記の研修を無料で参加することが出来ます!

本社での定期的な講習会 
②定期的に職場に問題集の配布 
③過去問題を利用した模擬試験 
④平日試験申請代行 
⑤最新の参考書・問題集の無料貸出し
 

サポート制度での調理師合格率が毎年すごいことに

 このサポート制度は今年で20年となります。毎年研修のレベルもアップしています。個人サポートや特別模試を職場チーフが講師になって丁寧に実施しています!毎年調理師合格率90%近くとなっています。また年間50名を超える調理師合格をしています。その多くはパート勤務の主婦の方です。さらに将来的に社員登用され安定した収入を得てる方もたくさんいます。
資格については以下に詳しい内容を掲載いたします。

□調理師(国)
都道府県知事から免許を受けた者のみが調理師の名称を使用することが許される調理師免許は国家資格です。弊社では社員登用の際に必要な資格です。弊社で勤務している方は「保育園福祉給食2年」「学校給食実務経験2年3ヶ月」、国家試験にて合格した方が取得できます。また所定の調理師学校を卒業することで取得できます。
栄養士
弊社では栄養士の取得に関してのサポートはございません。栄養士は厚生労働大臣指定の栄養士養成専門学校2年以上(夜間はありません。)通学しを修了すれば、栄養士免許を取得となるため。

調理師試験サポートをうけて

調理師免許取得制度で調理資格を取得(現在7年目 サブチーフ)

スタッフとして入社して、とにかく仕事を覚えるまでは大変でした。今まで経験したことのない衛生管理や健康管理。給食って子供たちのためにここまでしているだと実感しました。子供の受験を期に自分も勉強を一緒にしようかなと思って調理師試験サポートをうけました。初めは試験の申請の代行をしてくれるだけと思ってましたが、講習会や模擬試験を本社で受けさせていただき、久々の勉強は正直いやでしたが「がんばらなくては!」とスイッチを入れてもらった気がします。同年代や先輩のスタッフさんも来ていて自分だけが頑張るではないのだと感じられ背中を押された気分でした。その後も職場のFAXで模擬問題が送られてきて、職場のみんなに応援されながら、皆さんのおかげで合格できました。サポートしてくれた方々は他の職場のチーフやサブチーフでしたが、優しくサポートしてくれました。その後息子も試験が合格し生活落ち着いたのを機に、担当マネジャーが「社員になってみない」と言っていただき社員にさせていただきました。今は、職場のみんなの助けもありサブチーフをやらさせていただいています。毎日子供たちの為に安心安全な給食作りのため緊張の連続ですが、楽しい仲間と明るい職場で毎日笑顔で仕事をしています!サポートしてくれた業務班のチーフやサブチーフの方々や本社の方、毎日応援してくれた家族や職場の方に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 調理技術向上実習

2019㈱藤江グループ合同調理実習in武蔵野栄養専門学校

平成30年11月17日社員・育成、新卒研修 合同で武蔵野栄養専門学校をお借りして、毎年恒例の調理実習が行われました。サブチーフを目指す新卒・社員・社員を目指すパートスタッフ100名が参加しました。事前の研修で打ち合わせを重ね、衛生管理は学校給食衛生基準に添い、作業工程表を重視して調理を行いました。調理後は各階層別に調理上や衛生面のGOODポイントBADポイントの指導を講師陣が行いました。更にその後の研修でも振り返りの研修をしました。

 

新卒研修メニュー:手作りルーのカレーライス・大豆サラダ・2食ゼリー(寒天・アガー)

 

社員育成メニュー:手作りルーの海老クリームライス・大豆とレンズ豆のサラダ・プリン

調理実習感想


社員M.Sさん

学んだことの1つは自分自身がしっかり確認してやってみる事の大切さです。調理したことのないメニューは失敗してしまう可能性が高いため事前に準備をしておけば予定通り慌てることなく対応ができる。ホワイトルーも手作りでは今まで調理したことがなかったですが、チーフに聞いたり、調べたり、試作をしてみ自宅では失敗がありましたが、その失敗を繰り返さないように本番では調理することが出来ました。学びの多い調理実習でした。

社員U.K

今回の調理実習は失敗の連続でした。炊飯の水の量を間違え柔らかくなり、レンズ豆も軟らかく煮てしまいました。海老クリームライス、プリンは美味しく作っていただけたのに台無しになってしまいました。しかし優しくフォローしてくれ「大丈夫」と声を掛けられ涙が出そうでした。給食提供では失敗はゆるされません。この失敗を生かして成長できたらと思います。

 育成対象パートスタッフ K.Uさん

当日の調理実習がスムーズにできるように本社の方の協力の基、本社調理研修所で予行練習をさせてもらいました。ありがとうございます。実際やってみて事前準備が大事だと分かりました。

育成対象パートスタッフ Y.M

自分の担当する調理のポイントなど教えてもらったことを1つひとつ実践して生きたと思います。仲間と協力して作業するなど基本的なところから初心に帰り見つめ直すきっかけになりました。毎日の仕事に慣れることなく初心を見つめ直して頑張っていきます。


㈱藤江グループ合同調理実習in武蔵野栄養専門学校

平成29年10月28日社員・育成研修、11月17日 新卒研修 2回に分けて武蔵野栄養専門学校で、毎年恒例の調理実習が行われました。サブチーフを目指す社員・社員を目指すパートスタッフ150名が参加しました。事前の研修で打ち合わせを重ね、衛生管理は学校給食衛生基準に添い、作業工程表を重視して調理を行いました。調理後は各階層別に調理上や衛生面のGOODポイントBADポイントの指導を講師陣が行いました。更にその後の研修でも振り返りの研修をしました。

 

LinkIcon一緒に研修を受けてみたい方ぜひこちらからご応募ください!

㈱藤江 調理・衛生デモンストレーションin福島工業F'S DC

平成28年8月2日/9日 2日間福島工業様F'S DESIGN COURTをお借りいたしまして、調理デモンストレーションを実施しました。対象はサブチーフを目指す社員です。講師は、現場主任、副主任を中心に本社で事前の研修で打ち合わせ重ね実施しています。大量調理のコツや調理や食材の正しい知識、また今後の調理実習や日頃の給食業務活かせる内容としています。

 
 
プロジェクターやTVで手元もばっちり見られます。福島工業さんのブラストチラーと水冷でサラダの仕上がりの違いを確認ご飯は鍋で炊き上げました。カレーライス、大豆サラダ、2色ゼリー給食の定番メニューです。後援:福島工業様

LinkIcon一緒に研修を受けてみたい方ぜひこちらからご応募ください!

㈱藤江グループ合同調理実習in武蔵野栄養専門学校

平成27年10月17日武蔵野栄養専門学校をお借りいたしまして、調理実習が行われました。サブチーフを目指す社員・社員を目指すパートスタッフ120名が参加しました。事前の研修で打ち合わせ重ね、衛生管理は、学校給食衛生基準に添い作業工程表を重視して調理を行いました。調理後は先輩講師陣が熱く指導を行いました。

武蔵野栄養専門学校会場140名参加
朝礼後、調理を開始します。ATP検査バッチリOKで調理開始切り方も細かく指導を受けます細かい火加減が要求されますおいしく調理できました!

LinkIcon一緒に研修を受けてみたい方ぜひこちらからご応募ください!

㈱藤江グループ合同調理実習in武蔵野栄養専門学校

平成26年10月18日武蔵野栄養専門学校をお借りいたしまして、調理実習が行われました。サブチーフを目指す社員・社員を目指すパートスタッフ140名が参加しました。事前の研修で打ち合わせ重ね、衛生管理は、学校給食衛生基準に添い作業工程表を重視して調理を行いました。調理後はディスプレイに調理上や衛生面のグッドポイント、バットポイントを上げて本社講師陣が指導を行いました。

武蔵野栄養専門学校会場140名参加
手洗い検査合格後調理を開始します。バッチリOKで調理開始切り方も細かく指導を受けます細かい火加減が要求されます美味しく安全な給食が出来上がりました。