食育授業・活動について

小学校・中学校での食育推進

弊社会長が中学校で食育講話食育基本法では、「食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている」としています。
知育・体育・才育の全ての根本は「食育」にあると考え、私達は「食育」とは生きる力であり、食べる事の意味を教える事までです。
社長が自らが中学校にて食育・衛生講話や調理実習
私たちが受託させて頂いてる学校給食は成長期にある、児童・生徒の健康増進・体位向上を図ることはもちろんですが、正しい食事のあり方や望ましい食生活を身につけ、良好な人間関係を育てたり、食材の生産や消費に対する理解を深めるなど多様な教育目的を持っております。だからこそ、学校給食は食の「安全」「安心」「安定」の確保を留意し、食環境が簡便傾向にあると言われる今日こそ自らの健康管理を出来るようにする大きな役割があります。学校栄養教諭・学校栄養職員の思いを形にして、本物の味を伝える事は私達の責務と考えております。

弊社では、調理する側だからこそ出来る役割を意識して食育に携わっていくよう会社の方針としています。子どもたちとの限られた接点の中でも日々提供する給食喫食状況見させていただき、子どもたちへの声かけを実施することで「食への興味を持ってもらえる」よう心がけております。現場ではチーフたちや栄養士資格の若手社員が学校の「食育授業」にゲストティーチャーとして話をさせていただいております。また中学校での職場体験として自分の学校の給食室で当社の調理スタッフの指導のもと給食調理体験や当社研修室で調理指導員のもと調理体験実習などの協力をさせていただいております。

保育園での食育推進

また学校長のご依頼を受け、会長が自ら中学校の講堂で食育講和をさせていただいたり、社長が中学校からの要望にお応えし、学校に訪問させていただき中学生の皆さんに衛生の基本の話や調理実習の指導補助、など食育の大切さを話をさせていただいております。その他にも栄養士がPTA向けの「栄養や食に関わる」授業にも講師として参加しております。現場に任せるだけでなく会社全体で「食育推進」に力をいれております。

運営部長が保育園で授業保育園給食を通して、子どもたちは楽しくのびのびと、心のふれあいと、心の豊かさを感じていただきたいと思います。
これからの保育園給食に望まれることは、こどもたちの五感を育み、将来を通じての「健康づくりのための食事」として、心ふれあう楽しい食事をするための食育であると考えます。保育園給食において、ひとりひとりの子どもを見つめて全職員と一緒に成長して、元気いっぱいの子どもに育って欲しいと思います。

「食育授業」への協力

弊社では積極的に「食育」に関わるべく、小学校・保育園での講演を行い、ご好評いただいております!学校での「食育推進」に講師を派遣しています。様々プログラムをご用意します。1授業45分を基本に、各学校のご要望に合わせてアレンジすることもできます。ぜひご利用ください。
★出張授業の回数には限りがございます。ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。


 詳しくはエリア担当まで 講師の派遣については「運営部長 横山」まで TEL03-5625-5811


アレルギー対応食【調理実演2015】F-SYS
現場の栄養教諭や調理員による、アレルギー対応食の調理実演を連日開催!