藤 江 環境方針

藤江は永年にわたり、給食事業の民間委託業者として、学校・保育園・福祉施設などにおける、給食提供を行っております。
私たちは給食を通じて、健全な心身と豊かな人間性を育む「食育」を推進し、食の安全・安心・安定の確保に留意するなかで、以下のような環境保全に配慮した事業運営を行っていきます。

1.給食事業の民間委託業者として、営業所にて衛生管理を推進すると共に、給食業務改善の提案を通じて衛生事故を防止し環境負荷の低減に努めます。

2.省資源・省エネルギー、廃棄物の削減に取組み、環境負荷の低減に努めます。

3.環境目的・目標を設定し見直すことにより、環境マネジメントシステムの継続的改善と汚染の予防に努めます。

4.当社の関連する環境関連法規及び、同意するその他の要求事項を遵守します。

5.当社の全従業員に対し環境方針を周知し、一般的に公開します。

                     2016年 7月 1日

                    株式会社 藤 江
                    代表取締役 益子 純子

働き方改革の推進

  1. ノー残業デーの実施(毎週水曜日)本社および職場
  2. 各職場へ節電を呼び掛け巡回指導員が適切な指導を行っております。
  3. サマータイムの実施をいたします。 【15分短縮 8:45-17:00】
  4. 本社の営業終了時間を、18時位としてなるべくピーク時の電力消費を抑えます。
当社では、積極的に節電を実施します。

ウォームビズ (冬の節電)

  1. 冬季の暖房時、オフィスの室温を23度から20度とする。
  2. 「WarmBiz(ウォームビズ)」を実施 各自が意識し服装を工夫する。
    1. 保温性のあるインナーウェアを着用する
    2. オフィス内では羽織れる上着を用意する
  3. 各職場休憩室・本社の冷蔵庫の設定温度を弱に設定しております。
  4. 本社の外灯を点灯時間を最小限にしております。

クールビズ(夏の節電)

 本社にお越しの際は、エアコン設定温度を高めに設定しておりますので、クールビズでお越しください。クライアント皆様もクールビズを行っておりましたら従業員へお声かけを行ってください。本社ではスパークールビスを導入。オリジナルポロシャツで業務にあたっています。

  1. 本社の営業終了時間を、18時位としてなるべくピーク時の電力消費を抑えます。
  2. 各職場休憩室・本社の必要のない電気製品はコンセントをぬいております。
  3. 各職場休憩室・本社の冷蔵庫の設定温度を弱に設定しております。
  4. 本社の外灯を点灯時間を最小限にしております。玄関にソーラー電灯を導入いたしました。
  5. 4月~6月、10月~11月は基本的に空調機器を使用せず、使用する場合は最低限の使用とする。送風または28度設定とする。
  6. 空調機器7月~9月以降も使用する場合は最低限の使用とする。バッテリー式扇風機を導入して、ピーク時の電気使用量をカットします。
  7. その他電気機器も電源を入れっぱなしにせずに、必要に応じた使用にするなどこまめな調整しております 

株式会社藤江は皆様への環境啓発活動を推進しています。

藤江は給食事業の民間委託業者として現在は1日約8万食給食を提供しております。その経験の中で受身の姿勢だけではなくクライアントにより良いご提言をできるよう努力してまいりました。環境啓発活動はその一環です。私共が実行できる事としてウェットシステムのドライシステム化において衛生事故防止とともに節水に努めることを推進しております。また調理室にいる時間は、他の部屋の空調、電気を消す節電、節ガスなど身近なことから真剣に取り組んでいます。
 さらには、ふじのえビルB1Fに集団給食対応の完全ドライシステム自社調理研修所を建設いたしました。より充実した人材育成、衛生面、調理技術・知識向上に役立てるため今まで培ってきた経験を活かし、幹部および職場社員が積極的に意見を出し合い立案、設計、施工指示を行いました。この調理研修所は、またオペレーション・機器・施工の三位一体の考えから建設し、例えば5cmの違い でドライがウェットの運用に変わる、後に修繕工事が必要になるなどの無駄を省き、各自治体で施工計画前に視察いただくことによって、よりよい給食室の施工に関して、工事予算の節減、環境への配慮に寄与できれば幸いです。現状で完成ではなく全従業員意見や、厨房業者・関連業者や有識者の意見を積極的に集約しより良くなるよう常に更新してまいります。新しい情報をキャッチして発信していくことは我々の食の安全「命をお預かりする仕事の責務と感じております。 施設側でもさらなる省エネルギーへの協力をお願いたします。

エコ・クッキングの推進

食育の(残菜を減らす)活動

節 電 

    1. 昼休みは必要な電気を残して消灯。
    2. パソコンの電源は使わない場合は電源を切る。
    3. 電気はこまめに消す。コンセントをこまめに抜く。
    4. エアコンの設定温度は26-28度にする。
    5. 上下2階はエレベーターでなく階段を利用。

節 水・節ガス

  □蛇口をこまめにしめる。
  □無駄遣いをしない。

ご み

  □ゴミの分別の徹底。リサイクルできるものは資源ごみとして取り扱う。
  □各自のゴミは帰社の際に分別のごみ箱に移す。

事 務

  □印刷は両面を使い、リサイクル用紙を使用。
  □事務用品を注文する際は、エコ商品をなるべく選定しています。

    • ※この他にも環境に対する意識を持って業務を行います。

その他

  チームマイナス6%への参加
  □営業車のエコドライブ(アイドリングストップなど)および公共機関の利用の推進
  □社用車の電気自動車化の推進
  □エコ製品を選んで購入する。
  □過剰包装はしない。会議時は、エコバック持参
  □ペットボトルキャップのリサイクル(ワクチン協力)への協力